MENU

性病「淋病」の女性の症状について

「淋病(りんびょう)」は、クラミジアと並んで患者数の多い性病です。

 

女性よりも男性に多いようです。性病というだけあって、もちろんコンドームなしでのセックスによって感染しますが、それよりも「喉からの感染」が多いのが淋病の特徴でもあります。

 

セックスはもちろん、口で性器を舐めるオーラルセックス、喉に感染している状態でのディープキスで相手の喉にも感染してしまいます。淋病の感染率は30%と、性病の中でもっとも高い感染率となっています。

 

では、女性が淋病に感染するとどのような症状が出るのでしょうか。

 

結論から言いますと、女性は淋病の症状を自覚しにくいです。
なんと8割の人が自覚症状がないと言われています。

 

症状としては、

 

  • 黄緑色の悪臭のあるおりもの
  • 下腹部痛
  • 排尿痛
  • 頻尿
  • 残尿感
  • 発熱

 

などがあります。

 

おりものは正常でも白から薄い黄色っぽい色をしていますし、
生理前などには下腹部痛を感じている人もいるでしょう。

 

排尿痛は膀胱炎を想像させますし、これらの症状があっても
すぐに「性病=淋病」と結び付けられる人はいないのではないでしょうか。

 

女性は症状が出にくいですが、男性は症状が強く出ます。
パートナーに異変があったら、あなたも感染している可能性が高いです。

 

少しでも気になる点があったら、自宅で行える「性病検査」を行ってみると良いと思います。
ふじメディカルの性病キットなら、匿名で受けられるので安心ですよ!

 

まずは自宅でチェックをし、結果によってはすぐに病院へ行ってくださいね。