MENU

性病「クラミジア」女性の症状について

「クラミジア」は、現代を代表する性病の1つです。とくに10代や20代などの若い世代に多いという特徴があります。

 

今、日本でもっとも患者数の多い性病が「クラミジア」です。クラミジアに女性が感染すると、どのような症状が出るのでしょうか。

 

実は、女性はクラミジアに感染してもそのおよそ8割が自覚症状がありません。非常に気付きにくい性病と言えると思います。クラミジアの症状は、どれも普段から感じているような軽いものばかりなのです。

 

具体的には、

 

  • 白っぽいおりものが出る
  • セックスをしたときに痛む
  • 下腹部に違和感がある
  • 生理痛が重い
  • 不正出血がある

 

などです。

 

普段から「生理不順」の人だと、おそらく気が付かないと思います。
クラミジアが10代などに多いのは、そのためかもしれませんね。

 

10代では生理周期が安定している人のほうが少なく、
不正出血があっても「生理不順だから」と考えてしまうのです。

 

これといった症状がなくても、クラミジアに感染していれば相手には移ります。
感染してから発症するまでの期間は、だいたい1週間〜3週間と言われています。

 

もちろんこの期間であっても、粘膜同士のふれあいでクラミジアは感染するので注意してください。
女性がクラミジアに気付かずに放置してしまうと、「子宮内膜炎」「卵管炎」「腹膜炎」などになる恐れがあります。

 

これらはどれも、不妊の原因と考えられている病気です。
将来的に赤ちゃんを望んでいる人ならなおさら、クラミジアを放っておくわけにはいきません。

 

とは言え、症状のほとんどないものを自覚するのは非常に困難だと言えます。
自分も相手も知らないうちに感染している、ということもあるのです。

 

もし病院で性病の検査を受けるのに抵抗があるという人は、
ふじメディカルの「性病キット」を使い、自宅で性病の検査をしてみましょう。

 

最短2日で結果がわかりますし、家族にバレルことなく自宅でチェックすることができますよ。