MENU

性病「クラミジア」男性の症状について

「クラミジア」は、現代もっとも患者数の多い性病と言われています。特に10代や20代などの若い世代に多く見られます。

 

クラミジアは症状が出にくい上、喉にも感染します。感染力が高く、「淋病」という性病との相性が良いという特徴もあります。

 

クラミジアと淋病の両方にかかっている人が多い、ということです。では、男性が「クラミジア」に感染すると、どのような症状が出るのでしょうか。

 

男性の場合、クラミジアが感染するのは尿道です。

 

そのため、

 

  • 排尿時に痛む、しみる
  • 尿道のかゆみ
  • 尿道付近の不快感
  • 透明または乳白色の膿みが出る
  • 睾丸が腫れる
  • 睾丸や股間に激痛が走る

 

などの症状があります。

 

しかし、このような症状が必ず出るとは限りません。
なぜなら、クラミジアは感染しても症状が出ずに気が付かないことが多い病気だからです。

 

女性は、実に80%の人が感染したことに気が付かないそうです。
男性は女性ほどではありませんが、50%ほどは気が付かないと言われています。

 

症状や感染したことに気がつかなくても、そのままセックスをすれば移ります。

 

クラミジアはあらゆる性行為で感染しますので、自分が感染していないか、
パートナーはどうか、などをきちんと調べておく必要があるのではないでしょうか。

 

今は、自宅で性病の検査ができる「性病キット」というものもあります。
おすすめは「ふじメディカル」の性病キットです。

 

自社ラボで調べているため検査結果が出るまでのスピードも早く、精度も高いと評判です。
クラミジアのような「症状が出ないのに感染力の高い性病」は、しっかり調べておきましょう。