MENU

男性の性病、症状と種類について

性病は、性行為によって感染が広がっていく病気です。コンドームなどの避妊具がなかったような時代から、性病は存在しています。

 

そしてそれは今も変わりません。性病は1つだけではありません。たくさんの種類があり、それに伴ってたくさんの症状があります。

 

性病の種類によって症状も変わってくるのですが、共通して現れる症状もあります。何か異変を感じても、自己判断で性病の種類を特定することは難しいでしょう。

 

性病の種類はたくさんありますが、日本で多いものを紹介します。

 

  • クラミジア
  • 淋病
  • カンジタ
  • 梅毒
  • 性器ヘルペス
  • 尖圭コンジローム
  • HIV

 

などが有名です。
聞いたことがあるものばかりだと思います。

 

次に症状ですが、

 

  • 排尿痛
  • 濃い分泌物
  • 膿みが出る
  • ペニスのかゆみ
  • とさか状のイボ
  • しこりやできもの
  • 発熱
  • 倦怠感

 

などが多いです。

 

女性は「臭い」が強く出ることが多いのですが、男性は臭いはほとんどありません。
それは男性器が体の外に出ているためだと言われています。

 

性病の症状には上記のようなものがありますが、どの性病でも「症状が出る」とは限りません。

 

ほとんど症状の出ないものもあります。性病は性行為で移るものなので、
自分だけでなくパートナーの体の変化も気にする必要があると思います。

 

何か気になる症状があったら、まずは自宅で調べてみると良いのではないでしょうか。
ふじメディカルの性病キットなら、誰にも知られずに性病の検査をすることが可能です。

 

性病の疑いがあるということを、他人に知られたいという人はいないでしょう。
そんなプライバシーにも配慮されたふじメディカルの性病キット、手軽に検査ができるのでおすすめですよ。